NEXT D

TOPICS

2020.04.03

分かってるけど、我慢できない

こんにちは、ヨコミネ式保育園学童キッズネクストの松浦です。

今回は最近読んだ本のことについて話をしてみようと思います。
その本の中で自制心というものについて語られていました。
自制心とは「自分自身の感情や欲望などをうまく抑えたり、
コントロールしたりする気持ちや精神力のこと」です。
この自制心が強いかどうかは、学力に大きく関わってくるようです。
たとえば自制心の弱い子どもは勉強をしなければいけないと分かっていても、
他のこと、例えばゲームを優先するなどして先送りしてしまい、
結局やらないことがあります。
夏休みの宿題を最後まで残してしまい後から急いで片付けるというのも自制心が弱いからです。
そして興味深いことに、夏休みの宿題を最後まで残していた子どもは、夏休みの宿題を計画的に
終わらせていた子どもよりも、その後の学力が相対的に低くなっていました。
夏休みの宿題を残すということは、本来やるべきことを先延ばししているということです。
このような勉強に対する姿勢が後々まで続き将来の学力に影響しているのかもしれません。
夏休みの宿題については、しっかり計画的に終わらせていくのがいいかもしれませんね(*^-^*)

一覧へ戻る